LABORATORY デザインと写真の実験室

iPhone 5用錆ケース第2弾

2013.3.24 Sun

_mg_9181_2.jpg
▲iPhone 5用錆ケース第2弾がバード電子から発売されました。思いついたアイデアは錆びないうちに実行しよう!が錆企画の合い言葉ですが、ちょっと間が開いてしまいました。しかし、力作揃いです。今回はiPad miniの錆ケースと同様に透明ケースに錆を印刷した3種類。


▲[shima black]は戦時中、軍馬の蹄鉄用のスパイクを入れていた鉄の箱の錆です。ダークな錆で渋めに仕上げました。


▲[shima meter]は[shima black]にアナログメーターを合成し、メーターの文字盤部分を透明ケースならではの仕掛けで、iPhoneのボディが一部透けて見えるようにしました。iPhone 5の背面にあるアップルマークがちょうど文字盤に重なるように位置決めしてあります。


▲[shima meter]をブラックボディに装着した場合。メーター部分がサングラス風になります。


▲メーター部分を拡大。こんな感じで透けているので、ボディのアップルマークが見えます。


▲[shima red]は建築で使われるH鋼の錆を印刷しました。赤錆とかすれた白いペイントの絡みが和風に感じさせる仕上がりとなっています。女性が持っても違和感のないケースだと思います。

_mg_9122_2.jpg
▲ちょっと和風に撮影してみました。

※近日中にケースとリンクした壁紙をアップする予定です。