ポートレート撮影

2009.6.19 Fri

090619_info.jpg

昔一緒に仕事をしたことのあるURU氏
(私の脚の写真を世界にURU!と豪語している人)の紹介で
先週文筆家である岸由利子さんのブログ用の写真を撮りました。
イメージは花魁です。
花魁は江戸時代、吉原の花。
花魁の語源は花魁の下で働く女の子が先輩である花魁を
「おいらのねえさん」と読んだのが始まりらしいです。
落語では度々出てくる登場人物で
花魁を扱った「明烏」という噺は文楽の十八番として有名。
(個人的には志ん朝の方が上手いと思いますが)

彼女はマルコマルカという人気ブランドの元デザイナー。
自分で作ったブランドを捨て?、文筆家に転身。
現在小説を執筆中。

撮影の後ファッションデザイナーになるまでから
文筆家に至るまでのハチャメチャな経緯を聞きましたが
きっとこのハチャメチャな生き方が小説を書くにあたって
生きて来ることは間違いないでしょう。
(ここでは書けませんが、笑えるくらいハチャメチャですが
ある意味すごいです)

彼女のブログのポッドキャストの番組で私が取材を受けました。
内容は「脚にまつわるフェティッシュなお話」です。
近々、公開予定です。

アーカイブ