新刊紹介

2009.5.21 Thu

09052100.jpg
▲古着がすてきによみがえる「裂織りと裂編み」松永治子 松永希和子(文化出版)

島製作所でやった仕事の紹介です。
今回はエディトリアルの仕事では初めて、デザインと撮影の両方をやらせてもらいました。表紙と作品ページは久しぶりにポジフィルムでの撮影です。

先月と今月の壁紙の道具シリーズで、織り機の道具をお借りした、
松永(親子です)さんの本が出来上がりました。
表紙のコースターは古着のTシャツを糸状に切って編んだもの。
Tシャツの色や絵柄が糸になることで分解され、
再び編んだり、織ったりすることで別の模様が浮き上がってきます。

リサイクルということ以上に、その意外性が楽しめる「織ると編む」本です。
普段着ているTシャツが、様々に変身するのは新鮮です。(Tシャツ以外の素材もあります)
エコだロハスだとか言うよりも、作りながらリサイクルも楽しめる本です。
最近は卓上の織り機もあり、気軽に織りが出来るようです。
前半は作品、後半はその作り方になっています。
作ることが好きな女性(男性でもいいのですが)はぜひ挑戦してみてください。

以下、中面から‥‥‥


アーカイブ