新刊紹介

2009.1.09 Fri

撮影を担当した「Come on-a my house すまいの風景」(中村好文・ラトルズ)が
発刊されました。
as it isで開催されていた同名の展覧会を本にまとめたものです。

中村氏自らが設計した小さな美術館 as it is を自分の家に見立てて
身の回りにある物達を展示した
ちょっと変わった展覧会でした。

建築家というよりは画家のような雰囲気を持った
中村氏の文章はとてもしなやかで
氏の建築や家具等に対する考え方が
やんわりと伝わってきます。

建築にも建築家の人柄あるいは人生観が出るものだと思いますが
中村氏の建築は個人の住宅が多いせいか
より明確に出ているように思います。
建築家の建てた住宅には住めないとよく言われますが
中村氏の住宅は住む人を考えた設計なので
シンプルなあたたかさを感じさせます。
そして、展示された物達に対するコメントの中にも
氏の柔らかな眼差しを感じます。

アーカイブ